×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

小春日和だ
  • HOME

美容成分のコラーゲンとヒアルロン酸を比較

美容成分というとコラーゲンやヒアルロン酸がよく知られており、どちらも保湿力の高さからスキンケア商品に配合されています。美容成分としてよく知られているこれら2つの成分にどのような違いがあるのかを比較してみます。お肌の深いところに真皮層という皮膚の層があり、ここにはコラーゲンや、ヒアルロン酸があります。コラーゲンは格子状に広がっていて、真皮層を覆っています。編み目の一つ一つの中には、ヒアルロン酸を含むゼリー物質が存在します。コラーゲンやヒアルロン酸量が十分にあれば、肌のしわやたるみをなくすことができます。コラーゲンが豊富に含まれているお肌は、しわのない弾力のある状態をキープできることにあります。シワのない弾力のある肌を作るためには、コラーゲンは必要不可欠な成分なのです。コラーゲンに対して、ヒアルロン酸の最大の特長は、保水力になります。お肌に多量のヒアルロン酸が存在していれば、水分を皮膚の中に留めておくことができるので、肌のしっとりさをキープできます。コラーゲンと、ヒアルロン酸は、どちらも美容成分として一緒くたに取りざたされることが多いですが、実はそれぞれ異なる成分です。ヒアルロン酸は保湿効果、コラーゲンはしわやたるみ対策に、あえていえば必要とされている成分です。健康的できれいなお肌を守るには、日々のスキンケアが重要です。ヒアルロン酸と、コラーゲンの性質を理解して肌の手入れを進めていきましょう。

髪が薄くなってきた?

女性に多い分け目ハゲの対処法

Copyright (C) 2014 小春日和だ All Rights Reserved.

Page Top